06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

日日是散財

  : 

日頃の散財についてヌルく語りマス

SONY ウォークマン NW-A16 


SONY ウォークマン A10

SONY ウォークマンの 2014 年モデルがリリースされました。

現時点では、ZX1F シリーズなどは従来 (2013 年) モデルが継続販売される形となっている様です。

そして、2011 年モデルを最後に姿を消した A シリーズが 3 年ぶりに復活!!

というわけで、帰ってきた A シリーズ、NW-A16 (A10 シリーズ 32GB モデル) を購入しました。

先代となる A860 はタッチパネルを採用しておりましたが、今回の A シリーズ (A10) はボディ前面にハードキーを配したスタイルでタッチパネルは廃止されました。

懐かしの (?) ハードキーオンリーのスタイルは、目的の操作を為すのに何度もボタンを押す必要に迫られることもあり、今となっては操作性が悪いと感じてしまいます。

また、先代 A860 ではディスプレイサイズが 2.8 インチの 400×240 ドットでしたが、A10 は 2.2 インチの 320×240 ドット に縮小されてしまいました。おでかけ転送にも対応しており、動画の鑑賞も一応サポートしているわけですから、ディスプレイサイズの縮小化はいただけません。今時、比率が 4:3 というのもねぇ…

一番納得いかないのは WM-PORT よりの映像出力がカットされてしまったこと。これは Android 搭載の F シリーズを使っていた時も大いに不満を抱いていた部分です。小生、出先 (職場や旅先の宿など) でレコーダからおでかけ転送した動画を視聴するのに、ウォークマンとテレビを繋いで視聴する、ということを多用していたのですが、映像出力されなければ結局はウォークマンの小さなディスプレイで観ざるを得ないわけです。

そんなわけで、A シリーズであれば映像出力もされるはず (A860 までがそうだったので) と高をくくっていたら A10 では映像出力されず愕然としてしまいました…

残念ながら機能面で小生的に不満点を抱える A10 ですが、音質面ではさすがの一言。専門的な知識は有していないのでオーディオ評論家の様なことは言えませんけど、直感的に音がクリアで鮮明な感じがしました。ただ、接続するイヤホン (ヘッドホン) でも音質はかなり変わってくると感じたので、自分の好みに合った上でベストマッチなイヤホンを選択することが出来れば、もうウォークマン以外で音楽は聴けない、なんてことになるかも知れませんね。


ゲーム & デジタル家電の関連記事

テーマ: ポータブル・デジタルオーディオプレーヤー

ジャンル: 趣味・実用

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yatteyaruze.blog104.fc2.com/tb.php/449-cd8bc722
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top