06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

日日是散財

  : 

日頃の散財についてヌルく語りマス

GameSir C2 Universal Arcade Fightstick 


GameSir Universal Arcade Fightstick

STEAM KOF をやるようになって、ちょっと格ゲー熱が復活してきましてね。で、買っちゃいましたよ、アケコン (アーケードコントローラー)。

アケコンというとホリリアルアーケード Pro とかいうのが定番みたいですが、レバーとボタンはやっぱり三和電子セイミツ工業のがいいよなぁ…

そんなわけで、リアルアーケード Pro を買う踏ん切りがどうにも付かずにいたところ、三和電子製レバーとボタンが最初から使われているアケコンを発見。値段も Amazon で 11,999 円とリアルアーケード Pro より安いし、コイツしかない!!

とはいえ、海外のどこかよく分からんメーカーの商品だし、品質的に大丈夫か? という不安はあったのですが… 幸いにもそれは杞憂に終わりました。アタリです。

もっとも、天面のアートワーク (フェイスプレート) がどうしようもなくダサいのには閉口。これについてはカスタマイズ可能なので (売りの一つらしい)、そのうち何とかしよう。

何はともあれ、KOF XIV STEAM EDITION をプレイしてみる。おお、このレバーの感触、正に三和電子製。セガのニューアストロシティ筐体のあのレバーの感触だ。懐かしい… と、しばし感動。

しかしですね。なんかボタンの配置がしっくりこない。おかしいな…

で、ググってみたら、現在の主流はビュウリックス配置と呼ばれているボタン配置で、小生が購入した GameSir C2 Universal Arcade Fightstick もビュウリックス配置な感じ。

小生が足繁くゲームセンターに通ってた頃はセガのニューアストロシティ (ブラストシティ) 筐体がよく使われていて、そちらはブラスト配置と呼ばれてたそうな。

なるほど、小生は時代に取り残されていたわけか…


ゲーム & デジタル家電の関連記事

テーマ: ハード・周辺機器

ジャンル: ゲーム

STEAM 


STEAM クライアント

NEOGEO mini の発表を受けて、ネオジオではない、最近の THE KING OF FIGHTERS やってみたいな~、という思いにかられたものの PlayStation 4 とかは衝動買い出来る値段でもないのでパソコンで THE KING OF FIGHTERS 最新作が遊べる STEAM を導入してみました。

最新作どころか、現状 STEAM でリリースされている THE KING OF FIGHTERS 全作買っちゃったわけですが…


STEAM KOF 97

STEAMTHE KING OF FIGHTERS'97 GLOBAL MATCH

配信オンリーで STEAM 以外に PS4 版や PS Vita 版がリリースされています。

とはいえ、これ '98 ULTIMATE MATCH2002 UNLIMITED MATCH の様なリメイク作というわけではなく、オリジナル (ネオジオ) ベタ移植なんですよね…

隠しキャラが最初から選択可能というプラスアルファはあるのですが、ラスボスのオロチは使用不可。まぁ、オリジナルもそうではあるのですが、レトロゲームの復刻版ということならいざ知らず、あたかもリメイク作という体ですからねぇ… かなり残念。


STEAM KOF XIII

STEAMTHE KING OF FIGHTERS XIII

この辺になると、ゲーセンでも全くやったことがない作品なのですが、うっかりオンライン対戦してみたら為す術もなくボッコボコにされました。少しは接待プレイしてくれよ、コンチクショウ。


STEAM KOF XIV

STEAMTHE KING OF FIGHTERS XIV

キャラが 3D になった最新作。とはいえ、ファーストリリース (2016/8/23) から結構経ってますね。

3D ということで、軸ずらしみたいなシステムが導入されてるのかと思ったらそういうの一切なしなんですねぇ…


STEAM KOF XIV

そうそう。3D なのに立ち位置が変わった際の体の向きが 2D 同様鏡像なんですね。つまり、立ち位置で構えが左右逆になるっていうヤツ。

せっかく 3D なのに、ちょっと釈然としないんですよね。


STEAM セール

ところで、今、STEAM はサマーセールやっております。

実は、セール開始から 5 日ほど前に 1 万円超という値段に躊躇した THE KING OF FIGHTERS XIVDL コンテンツ全部入りを思い切って買ったんですよ (STEAM 導入して最初に買ったのが旧作だからか、割と安かった 98UM2002UMXIII がセットになったヤツ)。

何てこったー!! ほんの少し待てば半額で買えたのに… 大ショック。


ゲーム & デジタル家電の関連記事

テーマ: steam

ジャンル: ゲーム

らぁめん さなだ (移転) 


らぁめん さなだ

以前、当ブログでも取り上げた、地元の人気店 「らぁめん さなだ」 がご近所に移転してきたので、久しぶりに足を運びました。


らぁめん さなだ

というわけで、とんこつ塩らぁめんを注文。

魚介系とんこつスープで一見こってり濃厚に見えて、割とあっさり目なのが特徴かな。

麺は細麺と中太麺からチョイス。今回は細麺をチョイスしましたが、麺はモチモチしていないとイヤな方なのですが、細麺はちょっとボソボソした食感で好みと外れていました。

よくよく見ると、品書きに、細麺は卵が多く含まれているため食感にクセがあるので、初めての方は中太麺がオススメ、と書かれているじゃないですか。見逃した… 次からは中太麺をオーダーしよう。

とはいえ、リピートしたくなるラーメン店がご近所に出来たのは大変喜ばしいことであります。


食べ歩きの関連記事

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

食べ歩き  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ガリブタメン 2 号 


ガリブタメン 2 号

地元のラーメン店巡り、今回は 「ガリブタメン 2 号」 に行ってきました。

この店、最初は当ブログでも紹介した 「らぁめん あごいち」 だったのですが、居抜きで 「なんで家」 になり、今度は 「ガリブタメン 2 号」 とリニューアル (メニューを店名にある 「ガリブタメン 2 号」 に一本化) したそうな。


ガリブタメン 2 号

というわけで、メニューは 「ガリブタメン 2 号」 一択です。今回はトッピングの追加はせず、素の 「ガリブタメン 2 号」 を食しました。

こってり系スープにキャベツともやしがコンモリ盛られた二郎スタイル。とはいえ、スープはさほどギトギトしておらず、麺も控えめ。たっぷりの野菜のおかげで体に良いモン食ってるぞ~、という気にさせてくれます。まぁ、実際はラーメンって時点でそんなこと一切ないわけですが…

食べ過ぎは体に良くないってものほどウマイんだから、ホント世の中ままならない…


食べ歩きの関連記事

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

食べ歩き  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

NEOGEO mini 待ちきれない 


NEOGEO mini

任天堂の 「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」 が話題となり、任天堂以外のゲームメーカーもこれに続けといわんばかりにセガからは 「メガドライブミニ (仮称)」 が、そして SNK からは 「NEOGEO mini」 が発表になりましたね。

ネオジオラーの小生としては NEOGEO mini の発売が待ちきれませんよ。さすがにファミコンミニのときみたく、品切れ続出、高額転売なんて流れにならないとは思うのですが…

ところで、気になるのはやはり収録される 40 タイトルのソフト。

ネオジオといえば格ゲー。格ゲーといえばネオジオというくらいで小生もやはり SNK と筆頭サードパーティー ADK (ADK はネオジオの開発にも携わっていました) がリリースした格ゲータイトルは出来れば全タイトル収録して欲しい、と思ってしまうわけで。

餓狼伝説 宿命の闘い
餓狼伝説 2 新たなる闘い
餓狼伝説 SPECIAL
餓狼伝説 3 ROAD TO THE FINAL VICTORY 遥かなる闘い
REAL BOUT 餓狼伝説
REAL BOUT 餓狼伝説 SPECIAL
REAL BOUT 餓狼伝説 2 THE NEWCOMERS
餓狼 MARK OF THE WOLVES
龍虎の拳
龍虎の拳 2
ART OF FIGHTING 龍虎の拳外伝
サムライスピリッツ
真サムライスピリッツ 覇王丸地獄変
サムライスピリッツ 斬紅郎無双剣
サムライスピリッツ 天草降臨
サムライスピリッツ零
サムライスピリッツ零 SPECIAL
THE KING OF FIGHTERS '94
THE KING OF FIGHTERS '95
THE KING OF FIGHTERS '96
THE KING OF FIGHTERS '97
THE KING OF FIGHTERS '98 DREAM MATCH NEVER ENDS
THE KING OF FIGHTERS '99
THE KING OF FIGHTERS 2000
THE KING OF FIGHTERS 2001
THE KING OF FIGHTERS 2002 Challenge to Ultimate Battle
THE KING OF FIGHTERS 2003
風雲黙示録 格闘創世
風雲スーパータッグバトル
幕末浪漫 月華の剣士
幕末浪漫第二幕 月華の剣士 月に咲く華、散りゆく花
SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS
ワールドヒーローズ
ワールドヒーローズ 2
ワールドヒーローズ 2 JET
ワールドヒーローズ PERFECT
痛快 GANGAN 行進曲
ニンジャマスターズ 覇王忍法帖

SNK と ADK の格ゲー全タイトル書き出してみたのですが… これだけで 38 タイトルになってしまいます。

40 タイトル収録だからこれ全部収録したら残りの枠が 2 タイトル分しか残らない…

SNK (厳密にいうと 現行の SNK は 社名が SNK というだけで、旧 SNK とは別会社なのですが…) がどのようなチョイスをしてくるか、非常に気になるところ。


ゲーム & デジタル家電の関連記事

テーマ: レトロゲーム

ジャンル: ゲーム

スーパーロボット超合金 グレンラガン 10th ANNIVERSARY SET 


スーパーロボット超合金 グレンラガン 10th ANNIVERSARY SET

魂ウェブ商店限定 「スーパーロボット超合金 グレンラガン 10th ANNIVERSARY SET」 です。


スーパーロボット超合金 グレンラガン 10th ANNIVERSARY SET
スーパーロボット超合金 グレンラガン 10th ANNIVERSARY SET

天元突破グレンラガン」 10 周年を記念したアニバーサリーエディションってことですが… とどのつまり、バンダイお得意の彩色をちょっと変更しただけのリデコ品に過ぎません (大幅値上げの口実ともいう)。


スーパーロボット超合金 グレンラガン 10th ANNIVERSARY SET

商品紹介によると 「ドリルのシルバーは質感を一新!」 とのことですが、パッと見、違いがよく分かりませんでした…


スーパーロボット超合金 グレンラガン 10th ANNIVERSARY SET

ギガドリルエフェクトはクリアグリーン (+シルバー塗装) となり、ゴージャス感が増しました。


スーパーロボット超合金 グレンラガン 10th ANNIVERSARY SET

全身に付ける小型ドリル群は付属しないのでフルドリライズを再現しようと思ったら結局 「漢のドリルセット」 から持ってくるしかないのですが、商品説明にゴールドの彩色を変更したとあるので、角ごと差し換えとなる額のドリルは角のゴールドが他と違って違和感あるかなぁ、と思ったら… 全然違いが分かりません。ホントにゴールドの彩色変更したのか?

なんか勢いで予約注文してしまった本商品。値段もギガドリルが付いているとはいえ、通常版のほぼ 2 倍だし (通常版本体漢のドリルセットと合わせても 1.3 ~ 1.6 倍の値上げ。といっても、現在は通常版もプレミア価格になってますが… 昨今の何でもかんでもプレミア価格で販売する風潮、なんとかならんもんですかね)、なんで注文しちゃったかなぁ… 新規造形パーツは一つもないし、つくづく文句しか出てこない。


おもちゃ & ホビーの関連記事

テーマ: ホビー・おもちゃ

ジャンル: 趣味・実用

BTO パソコン 2018 


BTO パソコン 2018

年度が変わったのを機にパソコンも新調しました。

今回もドスパラBTO パソコンをチョイスしたのですが、外観については前モデルと全く同じだったりします (空いている 5 インチベイに効果は不明ですが通気用のメッシュベゼルを付けたので、そこだけは見た目が違います)。

マザーボードのチップセットは Intel Z370 で CPU が Intel Core i7 (8700 3.2GHz / Coffee Lake) という構成。

前モデルの CPU (4771 3.5GHz / Haswell) と比較すると定格クロックに関して 3.5GHz だったのが 3.2GHz とわずかに下がりましたが (消費電力を抑えるための処置みたいです)、「コア数」 と 「スレッド数」 は 4 コア 8 スレッドから 6 コア 12 スレッドとなり、結果パフォーマンスは圧倒的に向上しているはずなんですけど、小生の使い方じゃあ、そこまで違いは分からないという (所謂、宝の持ち腐れ)。

また、前モデルでは ASUS のマザーボードが使われており、自作していた頃は好んで ASUS のマザーボードをチョイスしていた小生的にラッキー、とか思ったものでしたが、残念ながら今回は ASRock のマザーボードが使われていました。

小生的に ASRock のマザーボードは先進性と引き換えに独自のクセみたいなものがあると聞いて、敬遠してきたメーカーなんですよねぇ…

案の定というか、電源入れた時の 「ピッ」 という BEEP 音が鳴らなくて初期不良か? と焦ったのですが、OS (Windows 10 Pro) は普通に起動するので別にマザーボードに異常はなさそう?

で、ケース開けてマザーボードを観察すると、どうもブザースピーカーが接続されていないっぽい。

前モデルの時は普通に BEEP 音が鳴っていたので気にしていなかったのですが、どうも今回のはケース側にブザースピーカー付いていないみたいです。う~ん、ケースの型番は前モデルのと同じはずなんだけどなぁ (だから外観上は全く同じというわけで)。

今回は前モデルで使っていた BD-R ドライブとか 5 インチベイ内蔵 HDD ケースとか使い回したり、ケースファンを別に買ってきて付け換えたりと、買って早々に元の構成から結構イジってしまいました。自分で構成変えると建前上はサポート受けらんなくなっちゃうんですが、気にしない。

で、そのついでにブザースピーカーも買ってきて装着。これでちゃんと BEEP 音が鳴るようになりました。やれやれ…

そうそう。今回はモニターを新調しないつもりでいたのですが、ちょっとした事故で画面に傷を付けてしまい、結局買い換えですわ (涙

なるべく使い回せるものは使い回して予算抑える方向で構成を考えたのに、トータルで前モデルより数万円跳ね上がってしまいました。支払いを考えると憂鬱になりますわ…


ゲーム & デジタル家電の関連記事

テーマ: パソコン購入

ジャンル: コンピュータ

仕方なく Music Center for PC 使ってるんです 


Music Center for PC

駄文。

小生はウォークマン使いなので、PC 上での音楽ファイルの管理ソフトとして SONY 謹製 Media Go を使っておりました。

ところが、Media Go は昨年末でサポート終了。代わりに Music Center for PC に移行しろとのアナウンスがあり、仕方なく移行してみると…

ぶっちゃけ、そのまんま x-アプリ (機能的には SonicStage V) という感じ。つまり SonicStage 系列のソフトってことですね。

SONYSonicStage の前身に当たる OpenMG Jukebox に始まり、SonicStageCONNECT Player (SonicStage とは別ソフト) → SonicStage CP (SonicStageCONNECT Player を統合) → SonicStage Vx-アプリときて、系列としては全く別ソフトの Media Go をメインとして推奨するようになりながら (ウォークマンに同梱されるソフトも x-アプリから Media Go に代わりました)、今回再び SonicStage 系列の Music Center for PC に戻れというわけですよ。

何回こういうことをユーザーに強要するのだ、SONY は…

Media Go に出来て Music Center for PC では出来ない、なんてことも少なからずあり、何より、ウォークマンへの転送画面において、転送済みファイルの表示がフォルダ単位 (タグ情報から、アーティスト\アルバム\音楽ファイルという順にフォルダが階層構造で自動作成されて転送される) のみというクソ仕様。Media Go では出来たジャンル別だとか、アーティスト別、タイトル別みたいなことが出来ず、とにかく確認しづらいったらありゃしない。せめて、この部分だけでも Media Go 準拠にしてくれよ~

それでも、この手のソフトは iTunes 一択みたいなトコロがありますが、ワシは iTunes なんぞ死んでも使わん。


チラシの裏 (雑記)の関連記事

テーマ: ひとりごと

ジャンル: 日記

SAKURA 2018 


北五井緑道

最強寒波だなんだで寒い寒いと思っていたら、ここ連日の暖かさでが例年より早く開花とか。


北五井緑道

というわけで、近所の緑道にて花見としゃれ込んだ次第。特に植物が好きというわけでもないですが、やっぱりイイもんですよね、満開のって。


チラシの裏 (雑記)の関連記事

テーマ:

ジャンル: 日記

NEOGEO 餓狼伝説 SPECIAL 


NEOGEO 餓狼伝説 SPECIAL

すっかりゲームをやらなくなった小生ですが、それでも今は亡きゲームメーカー SNK が世に送り出した、NEOGEO (ネオジオ) をプラットフォームとする対戦格闘ゲーム 「餓狼伝説 SPECIAL」 だけは未だにプレイし続けております。

1991 年リリースの 「餓狼伝説 - 宿命の闘い」 から数えてシリーズ 3 作目にして最高傑作、それが 「餓狼伝説 SPECIAL」 であります。

かの先代ドラえもん声優、大山のぶ代氏が基本的にゲームはしないけど 「アルカノイド」 だけはゲーム筐体ごと所有、達人級の腕前を誇ったというのは有名な話ですが、小生にとって 「餓狼伝説 SPECIAL」 は大山のぶ代氏にとっての 「アルカノイド」 と同義といって過言ではない。まぁ、腕前はアマチュア級ですが (ぉぃ


NEOGEO 餓狼伝説 SPECIAL

アマチュア級とはいえ、持ちキャラのテリー・ボガードであればノーミス 1 コイン (ノーコンティニュー) クリアはコンスタントに達成出来ちゃうくらいの腕前はさすがにキープしており、決めるのが難しい部類に入るテリーの超必殺技 「パワーゲイザー」 を無理矢理当てにいく、なんて遊び方もしてみたりするわけですよ。

ちなみに、「餓狼伝説 SPECIAL」 の対 CPU 戦は当時のアーケードゲーム攻略誌 「ゲーメスト」 においてもゲキムズと評されたくらいで、ある程度パターンにハメるといったプレイをしていかないと、ノーミスクリアは難しかったりします。


NEOGEO 餓狼伝説 SPECIAL
NEOGEO 餓狼伝説 SPECIAL
NEOGEO 餓狼伝説 SPECIAL
NEOGEO 餓狼伝説 SPECIAL
NEOGEO 餓狼伝説 SPECIAL

ところで、数年前 「ゲームセンター CX」 で 「餓狼伝説 SPECIAL」 に挑戦する回が放送されましたが、あれ見ててイライラしたなぁ… 課長、下手くそ過ぎて…

格闘ゲームが上手い、ということになっていた助っ人 AD 中山のプレイもイマイチ上手いとは思えず、「オレにやらせろ、コンチクショウ」 なんて図に乗った思考がよぎってしまうのも、ガロスペ (餓狼伝説 SPECIAL の略称) を愛するが故だと思いたい。


ゲーム & デジタル家電の関連記事

テーマ: 格闘ゲーム

ジャンル: ゲーム